監獄則並図式(読み)かんごくそくならびにずしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

監獄則並図式
かんごくそくならびにずしき

明治5年太政官布告 378号。同 (1872) 年 11月 29日,創定頒布された監獄法。同則は,明治政府の監獄改良の意図に基づき,時の囚獄権正小原重哉らの努力により作られたもの。「獄は人を仁愛するゆえんにして,人を残虐する者に非ず」という,きわめて進歩的な改善主義の行刑を採用していた。しかし,予算などの関係からその完全な実施はならなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android