コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監獄則並図式 かんごくそくならびにずしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

監獄則並図式
かんごくそくならびにずしき

明治5年太政官布告 378号。同 (1872) 年 11月 29日,創定頒布された監獄法。同則は,明治政府の監獄改良の意図に基づき,時の囚獄権正小原重哉らの努力により作られたもの。「獄は人を仁愛するゆえんにして,人を残虐する者に非ず」という,きわめて進歩的な改善主義の行刑を採用していた。しかし,予算などの関係からその完全な実施はならなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

監獄則並図式の関連キーワードウァレンスアンミアヌス・マルケリヌスアンミアヌス・マルケリヌスウァレンスアンミアヌス・マルケリヌスウァレンス東京マラソン風疹人口10万人あたりの医師数自治体職員による被災地支援

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android