コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監獄則並図式 かんごくそくならびにずしき

1件 の用語解説(監獄則並図式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

監獄則並図式
かんごくそくならびにずしき

明治5年太政官布告 378号。同 (1872) 年 11月 29日,創定頒布された監獄法。同則は,明治政府の監獄改良の意図に基づき,時の囚獄権正小原重哉らの努力により作られたもの。「獄は人を仁愛するゆえんにして,人を残虐する者に非ず」という,きわめて進歩的な改善主義の行刑を採用していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監獄則並図式の関連キーワード右院紀元節旧刑法仇討ち国有地太政官牒太政官布告布告双子の日佐藤立軒

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone