目安書(読み)メヤスガキ

デジタル大辞泉の解説

めやす‐がき【目安書】

訴状など、箇条書きにした文書。また、その代書を職業とすること。
「―して世を渡りけるとなり」〈浮・諸国ばなし・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めやす‐がき【目安書】

〘名〙 文書を箇条書にすること。訴状など、箇条書にした文書。目安。また、その代書をする職業や人。
※俳諧・俳諧三部抄(1677)中「とてもすむならさかの奥山 目安書千代の古道跡とめて〈一河〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android