コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目盛り加工機 めもりかこうきdividing machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目盛り加工機
めもりかこうき
dividing machine

尺度や弧度の目盛り線を刻む精密機械で,次の2種がある。 (1) 直線目盛り機 ものさし (直尺) のように直線の縁に沿って刻むもの。テーブル上の物体を精密なねじで所要量だけ逐一送って停止させ,工具で線引き作業を繰返す。 (2) 円周目盛り機 円板の半径方向と円筒の母線方向に刻むものがある。いずれもテーブルまたは割出し台に取付けた物体を,精密なウォーム歯車によって所要角度だけ回転させ,線引きする。切削工具は,いずれも先端が非常に鋭く,対称形であることが要求される。太い線 (0.015mm以上) には炭素工具鋼,高速度鋼,超硬合金製の工具を,細い線にはダイヤモンド工具を使用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android