コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直尺(読み)ちょくしゃく(英語表記)rule

翻訳|rule

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくしゃく【直尺 rule】

一般にはスケールscaleと呼ばれ,粗加工部品の寸法をパストースカンなどを用いて測定するものである。1mm目盛,または0.5mm目盛である。構造や材料は使用目的や精度によっていろいろのものが使われているが,木,竹,合成樹脂,金属,ガラスなどがある。直尺は実目盛直尺伸縮目盛直尺,角度直尺などに分類される。ここでは,JISに規定されている金属製直尺金属製角度直尺について述べる。金属製直尺は精密用のA形,製図用のB形,一般用のC形の3種類がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の直尺の言及

【ものさし(物差∥物指)】より

…今日の尺は1891年の度量衡施行令付則にメートルの10/33と定められて,それまで長さの標準がなく推移してきたことに終りを告げ,初めて長さの単位としての基礎が確立されたのである。度量衡
[種類]
 現在,使われているものさしには直尺rule(scale),角度直尺,たたみ尺,巻尺などがある。直尺はまっすぐな一片の棒や板に目盛線を刻んだもので,もっともたくさん使われている。…

※「直尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android