コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素工具鋼 たんそこうぐこうhigh-carbon tool steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素工具鋼
たんそこうぐこう
high-carbon tool steel

炭素量 0.6~1.5%の硬鋼工具鋼の名称は品質表示で,用途工具とはかぎらない。炭素が 0.6~0.8%のものは,小刀,刻印,ぜんまいなど日常用品に使われるほか,レールやシャフトなどの機械部品,普通工具に多く用いられる。炭素が 0.8%以上のものは,工業用木工具,ねじ切りタップ,バイトなどの金工工具,かみそりやすりなどに用いられる。焼鈍材の硬さはブリネル硬さ HB 200前後であるが,焼入れると炭素量によってロックウェル硬さ HRC 54~65の差を生じるので,用途が変る。切削工具用としては安価で切れ味がよく,よい鋼種であるが,高速機械切削では刃先が摩擦熱のため焼きが戻り軟化する欠点があるので,高速度鋼が開発された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

炭素工具鋼の関連キーワードロックウェル硬さロックウェル目盛り加工機ブローチ切削工具炭素鋼リーマドリル特殊鋼摩擦熱刃物鋼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android