目盛り浮き秤(読み)めもりうきばかり(英語表記)scale areometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目盛り浮き秤
めもりうきばかり
scale areometer

浮き秤の1種。ガラス製または金属製の管の下部にやや大きなふくらみをつくり,その中に水銀や鉛などを入れておもりとし,液中で直立するようにしてある。液面に接する点を管の上部にある目盛りで読めば,それがその液体の比重を示すようになっていて,扱いが非常に簡単である。ボーメの比重計はこの1種である。アルコールの含有量,牛乳の脂肪含有量,溶液中の砂糖含有量を測定するなど,目的に応じて特別な目盛りをつけたものが用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android