コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーメ Baumé

翻訳|Baumé

大辞林 第三版の解説

ボーメ【Baumé】

「ボーメ度」の略。

ボーメ【Antoine Baumé】

1728~1804) フランスの化学者・薬学者。各種化学工業の製造法に貢献。ボーメの比重計とボーメ度を考案した。著書「薬学初歩」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーメ
ぼーめ
Antoine Baum
(1728―1804)

フランスの化学者。サンリスの宿屋の息子。15歳で薬種店に徒弟入りし、のちにパリのC・J・ジョフロアClaude Joseph Geoffroy(1685―1752)に化学と薬学を学ぶ。1753年薬品製造所をもつ薬局を開き、大量の医薬や化学薬品、また、産業用・実験用器具を供給した。二つの定点をもつ浮き秤(ばかり)のボーメの比重計(1766)はアルコール濃度決定のために考案され、広く用いられた。現在の比重単位のボーメ度は彼の名にちなむ。ワイン蒸留装置の考案で賞を得ている。化学の講義も行うが、化学理論に関しては、親和力やフロギストン概念を保持した古いタイプに属する。[肱岡義人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボーメの関連キーワードコンポート(デザート)サンマルティーノ修道院コールズ‐ボーメ法則トウパンチャンガレージキット目盛り浮き秤アンチョビーサンテルモ城ボーメ比重計ボーメの法則JISボーメ2月26日フィギュアAPI度ルンゲ度ナポリ比重計清酒鹹水

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android