コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目賀田玄向 めがた げんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

目賀田玄向 めがた-げんこう

?-? 南北朝時代の武士。
近江(おうみ)(滋賀県)蒲生郡(がもうぐん)目賀田を本拠とする。近江守護佐々木氏の家臣。足利尊氏に属し,文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年(1352)八幡の戦いの功により近江福能部(ふくのべの)荘で切田地頭職(しき)をあたえられた。通称は五郎兵衛入道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

目賀田玄向の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android