コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目賀田玄向 めがた げんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

目賀田玄向 めがた-げんこう

?-? 南北朝時代の武士。
近江(おうみ)(滋賀県)蒲生郡(がもうぐん)目賀田を本拠とする。近江守護佐々木氏の家臣。足利尊氏に属し,文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年(1352)八幡の戦いの功により近江福能部(ふくのべの)荘で切田地頭職(しき)をあたえられた。通称は五郎兵衛入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

目賀田玄向の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android