直列共振(読み)ちょくれつきょうしん(英語表記)series resonance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直列共振
ちょくれつきょうしん
series resonance

インダクタンス L とキャパシタンス (電気容量) C の直列回路に周波数 f の電流が流れ, の関係が満たされるとき,この回路は共振していると定義される。このとき回路のインピーダンスの大きさは理論上ゼロとなり電流の振幅はきわめて大きくなる。共振回路に微小の抵抗成分が含まれていても同じ周波数において電流はきわめて大きくなり,そのとき回路のインピーダンスは微小抵抗となる。共振の鋭さの程度は Q 値によって示される。なお直列共振回路は発振器やフィルタなどによく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android