コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接拡散方式 ちょくせつかくさんほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

直接拡散方式

デジタル信号を非常に小さい電力で広帯域に分散して同時に送信する、スペクトラム拡散方式のひとつ。デジタル信号を復元する際に、ノイズが拡散するため、ノイズの通信への影響が少ない。また、強い信号を発生しないため、他の通信を妨害しにくいという特性もある。携帯電話のcdmaOneやFOMA、無線LAN、GPSなどでこの方式が採用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

直接拡散方式の関連キーワードスペクトラム拡散通信方式IEEE802.11DSSSDSS

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android