コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直樹とゆう子の物語

デジタル大辞泉プラスの解説

直樹とゆう子の物語

松谷みよ子による児童文学作品のシリーズ。1970年から1994年にかけて発表。全5作。戦争や公害をテーマにしている。第一作は『ふたりのイーダ』。最終作『あの世からの火』で1994年の小学館児童出版文化賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

なおきとゆうこのものがたり〔なほきとイウこのものがたり〕【直樹とゆう子の物語】

松谷みよ子による児童文学作品のシリーズ名。昭和44年(1969)刊行の「ふたりのイーダ」から平成5年(1993)刊行の「あの世からの火」まで、全5作からなる。原爆、公害、731部隊、アウシュビッツ朝鮮半島からの引揚げなど、第二次大戦によって市井の人々が体験してきた悲劇を子どもたちに伝えるシリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

直樹とゆう子の物語の関連キーワード私のアンネ=フランク私のアンネフランク二人のイーダあの世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android