コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直江版 ナオエバン

デジタル大辞泉の解説

なおえ‐ばん〔なほえ‐〕【直江版】

直江兼続が慶長12年(1607)に刊行した「文選(もんぜん)」のこと。南宋の「五臣注文選」に唐代の「李善注文選」を加えて「六臣注」としたもの。日本で初めて銅活字が用いられたといわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なおえばん【直江版】

1607年直江兼続が要法寺に依嘱して印刷させた、銅活字による「文選もんぜん」六一巻の古活字版。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

直江版の関連キーワードベンティボリオ駿府城竜造寺政家ヘームスケルク犬山藩ジャコビアン様式総合年表(アメリカ)春日山城狩野尚信北野天満宮

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone