コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直線進化 ちょくせんしんかrectilinear evolution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直線進化
ちょくせんしんか
rectilinear evolution

定向進化にみられる直線的な進化。 1944年 G.G.シンプソンが提唱。その 10年前に H.F.オズボーンは,これと似た考えで,一定方向に向っての進化が,生物の適応性の強い方向に生じる突然変異によって生じるというアリストゲネシス aristogenesisを唱えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

直線進化の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍エルランデル沖縄戦加藤泰

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android