コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定向進化 ていこうしんか orthogenesis; determinate evolution

6件 の用語解説(定向進化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定向進化
ていこうしんか
orthogenesis; determinate evolution

直進 (直達) 進化ともいう。生物の進化において,たとえば体の大型化,貝殻の巻込み方の増大などの傾向を保ったまま進み続けるようにみえる一定の方向性があるということ。ウマやゾウの体躯,ウマの足指が中指のみの大型化に向う現象その他,動物化石の年代順の比較によって多くの例があげられてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐しんか〔テイカウシンクワ〕【定向進化】

生物の進化は一定の方向性をもっているという考え。化石を年代順に並べると形態に一定の方向に変化がみられることから考え出されたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定向進化【ていこうしんか】

生物のある形質が一定の方向へ進化し続けること。化石によると,ウマやゾウでは形の大型化がみられ,一方,ウサギネズミでは小型化の傾向がある。E.D.コープやT.アイマーらはこのような進化の傾向が生物自体に内在する力によって起こると考え,定向進化説を唱えた。
→関連項目進化論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうしんか【定向進化 orthogenesis】

化石が示す生物の進化系列にはしばしば形態や大きさの時間的変化に方向性が認められる。コープE.D.Cope,アイマーT.Eimerら19世紀末から20世紀初頭のかなり多くの進化学者(特に古生物学者)は,進化は一般に非適応的なもので,生物自体に内在する力によってあらかじめ定められた方向に形態の変化が起こると考えた。これが定向進化説orthogenesis theoryである。現代の進化学者の多くは現象と学説とを区別し,方向性をもつ進化directional evolutionは認めるとしても,神秘的な要因を仮定するような定向進化説は支持しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていこうしんか【定向進化】

ある動物群の形態が一定の方向に向かって変化するようなとき、その要因は生物に内在するとする学説。方向性は生物に内在するという点で自然淘汰説と根本的に対立し、今日では根拠の薄弱な説として批判される。定向進化説。
化石に実際に見られる、方向性をもった進化現象。古生物学や比較解剖学によって指摘され、自然淘汰説によって解釈できるとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定向進化
ていこうしんか
orthogenesis

生物のある系統群に属する化石を産出年代順に並べると、それらの形態的特徴に一定の方向性をもった変化がしばしば認められる。このような変化の傾向を定向進化という。直進進化あるいは指向進化などともいう。
 このことばはアイマーT. Eimerが1885年に提唱した。その後、古生物学者のコープE. D. CopeやオズボーンH. F. Osbornなどによって展開された進化学説をとくに定向進化説という。これは、進化の定向性が自然選択(淘汰(とうた))説では説明できないとして唱えられたもので、そうした方向性になんらかの内在的な「力」を想定している。そのような見方は、もともとは、「進化」を永遠の大いなる完全化の過程もしくは運動とみる理神論や目的論に普遍的であった。ラマルクJ. B. Lamarckの単純から複雑への連続自然発生の考えはその典型とされるし、ダーウィンの『種の起原』を評したフォン・ベーアvon Baerもこうした目的論の擁護を表明していた。さらに、ネオ・ラマルク主義を掲げ、体の増大化を強調した「コープの規則」、オズボーンの唱えたアリストゲネシス、ベルグL. Bergのノモゲネシスから、哲学者ベルクソンH. Bergsonのエラン・ビタール、そしてテイヤール・ド・シャルダンTeilhard de Chardinのオメガ原理なども、説明の仕方に差はあるが、目的論的定向進化説の系譜をなすだろう。
 現在ではこれらの定向進化説は一般的には受け入れられていない。しかし、大進化的時間尺度におけるなんらかの形態上の諸傾向は、事実としては広く認められている。当初考えられていたほど単純ではないにしても、ウマの指の短化や歯の複雑化、ゾウの牙(きば)や鼻の伸長、エルクジカの角(つの)の巨大化などが具体例としてよく引用される。そのような傾向はどのようにして生じたのかがいま改めて問い直されている。というのは、これは、従来漸進説の立場で、恒常的な環境条件と選択圧の方向性を仮定して、やや安易に説明されてきた、もしくは、その傾向自体が厳密でないとして無視されてきた。それに対して、1970年代以降、断続説(区切り平衡説)が提唱され、種形成の分岐が相反する方向に確率的に均等に生じるとしても種の絶滅率に差(スタンレーS. M. Stanleyのいう種選択)があれば定向性を説明できるし、また新種産生率そのものに差があれば結果は同じになるという。これは漸進説‐断続説論争の主要な争点とされるからである。[遠藤 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定向進化の関連キーワードしばしばしばしば目橋柱びしばし指箸榛色エスイー片理収斂の法則平行の法則ワディ・ヒタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone