コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直観的思考 ちょっかんてきしこうintuitiva cognitio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直観的思考
ちょっかんてきしこう
intuitiva cognitio

認識様式の一つ。精神が自己に現存する対象を直接的に把握する場合に成立するような認識であるが,抽象的認識,推論的認識,比喩的認識,概念的認識などに対立してとらえられるのに応じてその意味は多様となる。具体的感覚的対象の把握も広い意味で直観的思考とみなされる場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

直観的思考の関連キーワード論理的思考ル・ロア幼児期意識性発達

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android