相変化型光ディスク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相変化型光ディスク

レーザー光を用いて結晶構造を変化させることでデータを記録する光ディスク。結晶構造の変化(結晶、非結晶)によって反射率が異なることを利用して「0」と「1」を記録する。実際の製品としては、松下電器産業PDなどがある。また、DVD規格のコンピューター用記録メディアとして提案されている「DVD-RAM」も、記録方式として相変化方式を採用することになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android