相対概念(読み)ソウタイガイネン

デジタル大辞泉の解説

そうたい‐がいねん〔サウタイ‐〕【相対概念】

他の概念と相関してはじめて存在しうるような概念。例えば、親・子など。絶対概念に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうたいがいねん【相対概念】

他の概念との関係をそれ自身のうちに含んでいるような概念。例えば、「子」は必ずだれかに対して子であり、「議長」は何かの会議に対して議長である。 ⇔ 絶対概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android