コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対概念 ゼッタイガイネン

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐がいねん【絶対概念】

親・子などのように他の概念と相関して意義をなす相対概念に対して、それ自身で独立して明確な意味を持っていると見なされてよい概念。例えば、家・木など。しかし概念はすべて何らかの意味で他の概念と関係しているのであるから、この区別は比較的なものである。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜったいがいねん【絶対概念】

それ自体で独立的に意味が決まる概念。「昼」「夜」のように他の概念との関連において意味が決まるものを相対概念とするのに対する。例えば、「家」とか「人」の類。 ↔ 相対概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android