相対論的ビームモデル(英語表記)relativistic beam model

法則の辞典の解説

相対論的ビームモデル【relativistic beam model】

ある種のきわめて遠い銀河においては,見かけ上光速の何倍という大きな速度で運動している奇妙な物質(宇宙ジェット)の存在が認められている.この原因として考えられたモデルで,天体と観測者を結ぶ直線からわずかに逸れた方向に高速のジェット(亜光速)が噴出していて,見かけ上の移動距離を時間差(これが相対的に著しく小さくなる)で割った速度が著しく大きくなるのだというモデル.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android