コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相川義武 あいかわ よしたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相川義武 あいかわ-よしたけ

?-1613 織豊-江戸時代前期の武将。
もと甲州武士。肥前大村氏につかえ,文禄(ぶんろく)の役に出陣。キリシタンとなり,肥前彼杵(そのき)郡(長崎県)形上(かたがみ)にすんだ。2代目から同郡平原(ひらばる)郷にうつり,集落の住民すべてがキリシタンで相川姓を名のった。慶長18年7月1日死去。通称は勘解由左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相川義武の関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝ロマノフ朝ハインリヒ・ユリウスベトレンミハイル・ロマノフミーレフェルト回想録コーク(Sir Edward Coke)スネル(Willebrord Snell)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android