相挟(読み)あいばさみ

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐ばさみ あひ‥【相挟】

〘名〙 一つの物を、数人が同時に、(はし)ではさむこと。また、一つの物を箸から直接に箸で受け取ること。火葬の骨(こつ)上げのときにするところから、平常は忌む。
※俚言集覧(1797頃)「相はさみはせぬもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android