こつ

精選版 日本国語大辞典「こつ」の解説

こつ

(「小塚原(こづかっぱら)」の異称) 近世、江戸千住の地名。古くから岡場所の一つ。
※人情本・明烏後正夢発端(1823)上「これから、こつへ往(いく)から、一所にいけといひますから」

こつ

〙 小さい堅い物がぶつかって立てる、かすかなを表わす
※城のにて(1917)〈志賀直哉〉「石はこつといってから流れに落ちた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android