相李田次万呂(読み)しょうりのたつぎまろ

朝日日本歴史人物事典の解説

相李田次万呂

生年:生没年不詳
奈良時代の仏工,画工。『正倉院文書』によれば,天平勝宝4(752)年に三論宗第三厨子の彩色を行い,天平宝字4(760)年には安勅嶋足,田辺国持らと共に丈六観音像の造立に従ったことが知られる。また,『七大寺巡礼私記』に東大寺金堂の塑造四天王像の作者と記される「妙匠李田次万呂」は同一人物とみなされ,伎楽面作者の相()李魚成とも同族と思われる。

(浅井和春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android