コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相李田次万呂 しょうりのたつぎまろ

1件 の用語解説(相李田次万呂の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

相李田次万呂

生年:生没年不詳
奈良時代の仏工,画工。『正倉院文書』によれば,天平勝宝4(752)年に三論宗第三厨子の彩色を行い,天平宝字4(760)年には安勅嶋足,田辺国持らと共に丈六観音像の造立に従ったことが知られる。また,『七大寺巡礼私記』に東大寺金堂の塑造四天王像の作者と記される「妙匠李田次万呂」は同一人物とみなされ,伎楽面作者の相(将)李魚成とも同族と思われる。

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相李田次万呂の関連キーワード具注暦正倉院正倉院宝物正倉院文書宣教己智帯成捨目師勝位将軍万福善心尼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone