相沢 三郎(読み)アイザワ サブロウ

  • 相沢 三郎 (あいざわ さぶろう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の陸軍中佐



生年
明治22(1889)年9月6日

没年
昭和11(1936)年7月3日

出生地
宮城県

学歴〔年〕
陸士〔明治43年〕卒

経歴
明治43年歩兵少尉、歩兵第4、台湾歩兵第1、歩兵第13連隊などを経て、青森の第5連隊大隊長。昭和8年歩兵第41連隊付、中佐以後、陸軍皇道派青年将校の村中孝次、磯部浅一らと交流。9年陸軍士官学校事件で村中、磯部らは官され、さらに皇道派のシンパとされた真崎甚三郎教育総監の罷免憤激、10年8月11日統制派の陸軍省軍勢局長永田鉄山を軍刀で斬殺した(相沢事件)。軍法会議に回され、西田税らが相沢擁護の弁護に立ったが、2.26事件後の11年7月3日死刑となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1889年9月6日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人。中佐
1936年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相沢 三郎の関連情報