コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相沢事件 あいざわじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相沢事件
あいざわじけん

旧陸軍中佐相沢三郎による永田鉄山斬殺事件。 1935年8月 12日相沢は前任地福山 41連隊より台湾歩兵1連隊へ赴任の途中,東京の陸軍省に永田軍務局長をたずね面会中軍刀で背後から斬りつけ殺害したもの。陸軍省内部の派閥争いと人事にからんでのものであったと理解されている。相沢は「陸軍のなかで最も重大な役目である軍務局長が政党や財閥にあやつられていては国家の革新,陸軍の革正は実現できない」からであると動機を供述した。 36年5月7日軍法会議は相沢に死刑を宣告。上告したが退けられ,同7月3日青年将校が「君が代」を斉唱するなかで銃殺に処せられた。この事件がのちの二・二六事件の重要な原因の一つとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

相沢事件【あいざわじけん】

1935年8月陸軍中佐相沢三郎が陸軍省軍務局長少将永田鉄山を白昼斬殺した事件。皇道派の教育総監真崎甚三郎罷免(ひめん)に憤激した相沢は,統制派の巨頭永田を斬殺した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいざわじけん【相沢事件】

1935年8月12日相沢三郎陸軍中佐が,統制派の陸軍省軍務局長永田鉄山を白昼省内で斬殺した事件。相沢は1931年青森の歩兵第5連隊大隊長就任後,十月事件が計画されるころより,同連隊付の大岸頼好中尉を通じて皇道派の青年将校と接触を深め,その思想に傾倒していった。34年3月永田が軍務局長に就任するや,荒木貞夫陸相の後を受けた林銑十郎陸相の下で軍中央部からの皇道派追放の圧力が強まり,士官学校事件をめぐり青年将校運動のリーダー村中孝次,磯部浅一が停職処分(のち免職)をうけると,直情的な相沢の憤激はきわまった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あいざわじけん【相沢事件】

1935年(昭和10)8月、陸軍中佐相沢三郎が陸軍省軍務局長永田鉄山を刺殺した事件。陸軍省内部の皇道派と統制派の対立によるもので、翌年の二・二六事件の前触れとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相沢事件
あいざわじけん

1935年(昭和10)8月12日、陸軍中佐相沢三郎が陸軍省で執務中の軍務局長永田鉄山(てつざん)少将を斬殺(ざんさつ)した事件。二・二六事件の伏線となったもので永田事件ともいう。相沢はかねてから村中孝次、磯部(いそべ)浅一ら皇道派青年将校と親交があり、彼らの思想に共鳴していた。1934年の十一月事件(士官学校事件)をきっかけとして統制派と皇道派の抗争が表面化し、翌1935年7月皇道派が首領と仰ぐ真崎甚三郎(まざきじんざぶろう)教育総監更迭問題が起こるや、相沢は、永田が「重臣、財閥、政党の手先となり皇軍を私兵化」している統制派の元凶であると考え、永田殺害を決意するに至った。相沢公判は1936年1月28日第一師団軍法会議で開始され、皇道派はこの公判を統制派批判に利用するため法廷闘争を展開するが、これが行き詰まると二・二六事件決起計画に転じる。相沢は5月7日死刑を宣告され、翌日第一師団高等軍法会議に上告したが棄却され、6月30日判決が確定、7月3日死刑が執行された。[安部博純]
『菅原裕著『相沢中佐事件の真相』(1971・経済往来社) ▽松本清張著『昭和史発掘7・8』(1968、1969・文芸春秋) ▽林茂他編『二・二六事件秘録1』(1971・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

相沢事件の関連キーワード太平洋戦争史(年表)皇道派・統制派岡田啓介内閣十一月事件林 銑十郎相沢 三郎満井 佐吉鵜沢総明前触れ右翼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android