コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相羽恒三 あいば つねぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相羽恒三 あいば-つねぞう

?-1918 明治時代の軍人。
日露戦争の日本海海戦(明治38年)で駆逐艦漣(さざなみ)の艦長をつとめ,ロシア艦隊司令官ロジェストベンスキー中将が重傷を負ってウラジオストクへのがれようとするのを,追跡して捕らえた。大正7年8月1日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相羽恒三の関連キーワード日露戦争明治時代