コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相阿 そうあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相阿 そうあ

?-? 南北朝-室町時代の連歌師。
京都の時宗金蓮(こんれん)寺の僧。書もよくし,素阿らと執筆(しゅひつ)をつとめる。「紫野(むらさきの)千句」に参加し,応永32年(1425)の伏見宮邸の「何路百韻」では点者となった。「菟玖波(つくば)集」に6句がのっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相阿の関連キーワード芸阿弥・藝阿弥君台観左右帳記築山庭造伝横地 康国室町時代瀟湘八景横地康国単庵智伝桂玄斎大仙院幸阿弥同朋衆連歌師阿弥派相阿弥願泉寺南北朝琳阿弥三阿弥銀閣寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android