千句(読み)センク

デジタル大辞泉の解説

せん‐く【千句】

千の語句。転じて、多くの言葉。「千句を費やしてもなお言い尽くせない」「千句一言」
連歌や俳諧で、百韻を十巻(とまき)、すなわち千の句を続けて詠んだもの。千句全般にわたって指し合い・去り嫌いの規定が適用される。→十百韻(とっぴゃくいん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんく【千句】

千の語句。
連歌や俳諧はいかいで百韻を一〇巻続けたもの。「千句に一句物」など、千句全体に関わる規定があるため、十百韻とつぴやくいんとは区別する。
[句項目] 千句に一句

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐く【千句】

[1] 〘名〙
① 千の語句。また、多くのことば。
連歌や俳諧などの百韻十巻を一座で詠作したもの。百韻とはいくらか違った配慮がある。連歌では「十百韻(とっぴゃくいん)」と同義に用いられる場合もあるが、俳諧では区別して用いられる。
※連理秘抄(1349)「十方点・千句などにて人の勝劣をば知るべし。努々(ゆめゆめ)一両座にてはその名を定むべからず」
[2] 狂言。独(ひとり)狂言。大蔵流八右衛門派番外曲。ある男が北野の千句合わせの見物をし、また川原で始まった石合戦を見物に行き、自分も石を打つ。
[補注](1)(一)②については千句全般にわたっての規制があるのに対して、「十百韻」の場合は、単に百韻を十巻重ねたものをいう。
(2)二条良基「筑波問答」(一三五七‐七二)には「後鳥羽院建保の比より、白黒又色々の賦物の独連歌を、定家・家隆卿などに召され侍りしより、百韻などにも侍るにや」とあって、(一)②もこのころから試みられたと考えられる。
(3)「菟玖波集」の詞書には、正和元年(一三一二)三月の千句などの例があり、千句十巻すなわち百韻百巻の「万句」についても、元応二年(一三二〇)春の例がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の千句の言及

【百韻】より

…連歌ははじめ2句の唱和からしだいに連続する句数が増えていったが,1200年前後に100句の形式が成立したらしい(現存資料では《明月記》正治2年(1200)9月20日の記事がもっとも古い)。13世紀以後,連歌の基本的形式となり,これを10かさねて千句,千句を10かさねて万句という型式も生まれた。江戸初期の貞門,談林時代の俳諧は百韻の形式によって連句を制作したが,蕉門が確立するに従って〈歌仙〉形式に移行するに至った。…

※「千句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千句の関連情報