コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看板大関(読み)かんばんおおぜき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

看板大関
かんばんおおぜき

江戸時代の勧進相撲で実力はなくても体が大きいというだけで大関に付け出された力士のこと。顔見せ土俵入りだけで,相撲は一番も取らなかったり,取っても幕下相手や看板大関同士で一番か二番取る程度だった。江戸時代宝暦から天明までの大関はほとんどがそうであった。くわせ関,当座関ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

看板大関の関連情報