コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看板大関 かんばんおおぜき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

看板大関
かんばんおおぜき

江戸時代の勧進相撲で実力はなくても体が大きいというだけで大関に付け出された力士のこと。顔見せ土俵入りだけで,相撲は一番も取らなかったり,取っても幕下相手や看板大関同士で一番か二番取る程度だった。江戸時代宝暦から天明までの大関はほとんどがそうであった。くわせ関,当座関ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

看板大関の関連キーワード谷風梶之助

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

看板大関の関連情報