コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二番 ニバン

デジタル大辞泉の解説

に‐ばん【二番】

順序・等級などが第二であること。「クラスで二番の成績」
二度目。2回。
二番煎じ」「二番太鼓」「二番茶」などの略。
大きさや質が中くらいであること。
「肴かけには―鰤(ぶり)一本」〈浮・胸算用・一〉
《知者を一番にたとえて》愚か者。ばか。
「心だての―なる、紀三井寺のともがら」〈仮・浮世物語・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にばん【二番】

一番の次。第二位。
二度目。
愚か者。 「 -にかまへられたる聟殿/咄本・醒睡笑」
逃げ角かく 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二番の関連キーワード一と言って二と無いロングアイアン鰹出し/鰹出汁超ウラン元素逃げ角・逃角葬送行進曲シーボーグ所有者抵当Wディップ一二を争う立花英樹ディップ一番天井取り直し共同抵当一番出しNo.2したらば二番天井中の君

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二番の関連情報