コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県犬養人上 あがたのいぬかいの ひとかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県犬養人上 あがたのいぬかいの-ひとかみ

?-? 奈良時代の官吏。
内礼正(ないらいのかみ)。天平(てんぴょう)3年(731)勅命によって病気の大伴旅人(たびと)を看護する。その死後によんだ哀悼の歌が「万葉集」巻3におさめられている。
【格言など】見れど飽かず座(いま)しし君が黄葉(もみちば)の移りいぬれば悲しくもあるか(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

県犬養人上の関連キーワード大伴旅人

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android