真下俊一(読み)ましも としかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真下俊一 ましも-としかず

1888-1945 大正-昭和時代前期の医学者。
明治21年4月26日生まれ。昭和13年母校京都帝大の教授となる。循環器系疾患の機能検査の研究で,20年学士院賞。京都帝大原子爆弾調査隊員として広島にゆき,昭和20年9月17日台風のため死去。58歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android