コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真房 さねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真房 さねふさ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)の真恒(さねつね)の子。後世の刀剣書には承久(じょうきゅう)(1219-22)のころに後鳥羽(ごとば)上皇の番鍛冶(ばんかじ)をつとめたとある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真房の関連キーワード多胡真清円性

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android