コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木彦之進 まき ひこのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真木彦之進 まき-ひこのしん

1824-1865 江戸時代後期の武士。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱に際し,藩主徳川慶篤(よしあつ)の名代宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)にしたがって那珂湊(なかみなと)でたたかい,幕府軍に降伏する。元治2年4月5日自刃(じじん)。42歳。名は景嗣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真木彦之進の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)ルイアルペッジョーネシャルル[10世]マクドナルドマクレー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android