コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木渓谷(読み)まきけいこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真木渓谷
まきけいこく

秋田県中東部、大仙(だいせん)市太田町にある渓谷。岩手県境の奥羽山脈甲(かぶと)山(1012メートル)を源に西流する斎内(さいない)川上流にあり、50~100メートルに及ぶ深い渓谷が7キロメートルも続く。周囲にはスギ、ネズコ、キタゴヨウ、ヒバ、アカマツの針葉樹やサワグルミなどの広葉樹が混生し、大小の滝もある。真木真昼県立自然公園の一中心。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android