真木渓谷(読み)まきけいこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真木渓谷
まきけいこく

秋田県中東部、大仙(だいせん)市太田町にある渓谷。岩手県境の奥羽山脈甲(かぶと)山(1012メートル)を源に西流する斎内(さいない)川上流にあり、50~100メートルに及ぶ深い渓谷が7キロメートルも続く。周囲にはスギ、ネズコ、キタゴヨウ、ヒバ、アカマツの針葉樹やサワグルミなどの広葉樹が混生し、大小の滝もある。真木真昼県立自然公園の一中心。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android