コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真柄直元 まがら なおもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真柄直元 まがら-なおもと

?-1570 戦国-織豊時代の武士。
朝倉義景(よしかげ)の臣。元亀(げんき)元年6月28日姉川の戦いで大太刀をふるって活躍したが,力つき討ち死にした。通称は十郎左衛門。名は直隆とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真柄直元の関連キーワード朝倉義景真柄直澄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android