コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大太刀 オオダチ

2件 の用語解説(大太刀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐だち〔おほ‐〕【大太刀】

《古くは「おおたち」》
大きな太刀。
南北朝ごろから用いられた長い太刀。背負ったり従者に担がせたりして携行した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大太刀の言及

【太刀】より

…刃を下にして佩用(はいよう)するため,その外側となる面(佩表)に銘を切るのを通例としている。一般に太刀は反りが高く,2尺5寸前後の長さが多いが,2尺以下のものは小太刀,3尺以上のものを大太刀とよんでいる。原則として太刀は鎌倉末期にはじまり,室町初期まで用いられ,中期以後は打刀が主流となった。…

※「大太刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大太刀の関連情報