コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大太刀 オオダチ

デジタル大辞泉の解説

おお‐だち〔おほ‐〕【大太刀】

《古くは「おおたち」》
大きな太刀。
南北朝ごろから用いられた長い太。背負ったり従者に担がせたりして携行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおだち【大太刀】

〔古くは「おおたち」〕
大きな刀。
中・近世、背中に負い、肩にかついで戦場へ持って行った四尺(1.2メートル)以上の大きな刀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大太刀の言及

【太刀】より

…刃を下にして佩用(はいよう)するため,その外側となる面(佩表)に銘を切るのを通例としている。一般に太刀は反りが高く,2尺5寸前後の長さが多いが,2尺以下のものは小太刀,3尺以上のものを大太刀とよんでいる。原則として太刀は鎌倉末期にはじまり,室町初期まで用いられ,中期以後は打刀が主流となった。…

※「大太刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大太刀の関連情報