コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大太刀 オオダチ

デジタル大辞泉の解説

おお‐だち〔おほ‐〕【大太刀】

《古くは「おおたち」》
大きな太刀。
南北朝ごろから用いられた長い太。背負ったり従者に担がせたりして携行した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおだち【大太刀】

〔古くは「おおたち」〕
大きな刀。
中・近世、背中に負い、肩にかついで戦場へ持って行った四尺(1.2メートル)以上の大きな刀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大太刀の言及

【太刀】より

…刃を下にして佩用(はいよう)するため,その外側となる面(佩表)に銘を切るのを通例としている。一般に太刀は反りが高く,2尺5寸前後の長さが多いが,2尺以下のものは小太刀,3尺以上のものを大太刀とよんでいる。原則として太刀は鎌倉末期にはじまり,室町初期まで用いられ,中期以後は打刀が主流となった。…

※「大太刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大太刀の関連キーワード弥彦神社(いやひこじんじゃ)日光二荒山神社宝物館市川団十郎(初代)押し戻し・押戻し佐々木小次郎小野派一刀流弥彦(村)二荒山神社柳生兵庫助長井兵助真柄直澄蛍丸国俊烏帽子折島田大祭捲り立つ大高重成真柄直元長太刀江の島福岡市

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大太刀の関連情報