コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真聖王 しんせいおう Chin‐sŏng‐wang

1件 の用語解説(真聖王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんせいおう【真聖王 Chin‐sŏng‐wang】

古代朝鮮,新羅の女王。生没年不詳。在位887‐897年。姓は金,諱(いみな)は,曼,垣。景文王の娘,定康王の妹。新羅末期,各地に農民が蜂起し群雄の割拠する状態となった。女王は華美な宮廷生活をやめず,889年,酷税から沙伐州(尚州)で元宗,哀奴らが反乱,北方からは梁吉と弓裔(きゆうえい)が結託して迫り(891),南西方には甄萱(しんけん)が自立(892),96年には赤袴賊が王京(慶州)を脅かした。このころ王命によって郷歌《三代目》が編まれ,崔致遠ら渡唐留学生の帰国者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真聖王の関連キーワード日観衛満新羅捜神記ドラコン目連ラムセス2世劉徽雪村『荘子』

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone