コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眩惑 ゲンワク

デジタル大辞泉の解説

げん‐わく【×眩惑】

[名](スル)目がくらんで正しい判断ができなくなること。また、目をくらまして、まどわすこと。「照明灯の光に眩惑されて落球する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんわく【眩惑】

( 名 ) スル
目がくらんでまどうこと。また、まどわすこと。 「あまりの美しさに-される」 〔同音語の「幻惑」は魔術・トリックなどありもしないことで目先をまどわすことであるが、それに対して「眩惑」は表面の美しさなどによって目をくらまされて正常な判断を失うことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眩惑の関連キーワード儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・玄・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験太平洋戦争(第二次世界大戦)配光可変型前照灯システムプレスティージモンティセリパトロクロス与謝野晶子パサージュジェネシスロービーム戸田 義明金鵄勲章リバウド産業循環まぶしさ化学結合マーヤー同音語集団化斑かす

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眩惑の関連情報