眼光紙背に徹る(読み)がんこうしはいにとおる

精選版 日本国語大辞典「眼光紙背に徹る」の解説

がんこう【眼光】 紙背(しはい)に=徹(とお)る[=徹(てっ)す]

(書かれている紙の裏まで見とおすの意から) 書物を読んで、字句の解釈だけでなく、その深意までもつかみとる。読解力がするどいことにいう。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉七「心眼を開いて一読三読眼光紙背に透るまでお読み下さい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android