コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼球片麻岩 がんきゅうへんまがん augen gneiss

1件 の用語解説(眼球片麻岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

眼球片麻岩

鉱物や鉱物集合体が基盤よりも粗粒で,成因とは関係なく大きな眼のようになった眼球構造を持つ片麻岩[Cotta : 1862].眼球は斑状変晶(porphyroblast)か,破砕を免れた残斑状結晶(残斑晶)(blastoporphyritic crystal),鉱物粒の集合体などの場合があり,火成岩の斑晶組織に似ている.複合片麻岩の場合は火成岩の貫入に起因する斑晶の場合がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼球片麻岩の関連キーワード岩石学鉱床シルト蝋石鉱床成因論豆鉄鉱閃光集合体聚斑状組織粒状解離中粒玄武岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone