コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼球片麻岩 がんきゅうへんまがんaugen gneiss

1件 の用語解説(眼球片麻岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

眼球片麻岩

鉱物や鉱物集合体が基盤よりも粗粒で,成因とは関係なく大きな眼のようになった眼球構造を持つ片麻岩[Cotta : 1862].眼球は斑状変晶(porphyroblast)か,破砕を免れた残斑状結晶(残斑晶)(blastoporphyritic crystal),鉱物粒の集合体などの場合があり,火成岩の斑晶組織に似ている.複合片麻岩の場合は火成岩の貫入に起因する斑晶の場合がある.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone