コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着力点 ちゃくりょくてんpoint of application of force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着力点
ちゃくりょくてん
point of application of force

物体内で力が作用する点。作用点ともいう。剛体に働く力を平行移動して着力点を動かすことができるとき,剛体に及ぼす効果を変えないためには,次のように偶力を付加しなければならない。すなわち,剛体の点A に作用する力 f は,点A に作用する力 -f との対がつくる偶力,および点B に作用する力 f と同等である。この偶力のモーメント n は,点B に関してもとの力 f がもつモーメント rAB×f に等しい。ただし,rAB である。特に,点B がもとの力の作用線上にあるときは偶力がゼロとなるから,点A に作用する力を作用線上の点B にそのままずらしても,剛体に及ぼす効果は変らない。これを作用線の定理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

着力点の関連キーワードモーメントエネルギー平行力トルク重心仕事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android