コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作用点 サヨウテン

デジタル大辞泉の解説

さよう‐てん【作用点】

物体に対してが働く点。てこでは三点の一。→力点支点

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

作用点【さようてん】

物体内の一点にがはたらくとき,この点を作用点といい,作用点を通り力の方向に引いた直線を作用線という。剛体では作用点を作用線上のどこへ移しても力の効果は変わらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さようてん【作用点】

物体内において力の作用する点。重点。着力点。 → 力点支点

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作用点
さようてん

着力点」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の作用点の言及

【力】より

…(1)は物体がつりあいにある(p=0)場合も含んでいるから,そのとき(v=0またはm=0とみなされる場合)は,働く力のベクトル和が0でなければならないという静力学の法則も含んでいる。もっとも,大きさをもった物体(剛体)に働く力については,どこにでも平行移動できるという単に数学的な意味のベクトルとしてではなく,作用点(力の働く場所)をもったベクトルとして考えねばならない。 歴史的にはニュートン以前にすでに運動量を物体について保存される固有の量とし,外からの力がこれを変化させる原因となるというデカルト一派の考え方があった。…

※「作用点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

作用点の関連キーワードカスティリアーノの第一定理カスティリアーノの定理アルキメデスの原理さおばかり(竿秤)クロルゾキサゾンモーメントアーム中枢神経興奮薬有機リン殺虫剤滑りベクトルプロテアーゼてこ(梃子)骨格筋弛緩剤圧力の中心モーメント力(物理)力の三要素ガリレイ浮力中心梃子・梃復原力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作用点の関連情報