睨視(読み)げいし

精選版 日本国語大辞典「睨視」の解説

げい‐し【睨視】

〙 じっとみつめること。にらみみつめること。
※蛻巖集(1742‐46)三・詠雪「抛視鼻頭堊、誤墨添成扇面鴉」
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉威海衛大攻撃北洋艦隊全滅!「劉公島の絶頂に睨視する高慢なる信号台」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「睨視」の解説

【睨視】げいし

睨観

字通「睨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android