矢口洪一(読み)やぐち こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢口洪一 やぐち-こういち

1920-2005 昭和後期-平成時代の裁判官。
大正9年2月20日生まれ。昭和23年判事補となる。43年最高裁の事務総局にはいり,55年事務総長。59年最高裁の判事,60年長官。自衛官の靖国神社合祀裁判で,国の関与は補助的で政教分離原則に違反せずとして合憲判決をくだす。平成2年退官。平成18年7月25日死去。86歳。京都出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢口洪一の関連情報