矢狭間(読み)ヤザマ

大辞林 第三版の解説

やざま【矢狭間】

城の塀や櫓やぐら・軍船の胴壁などに設けた、中から矢を射るための穴。鉄砲狭間ざまに対していう。矢間。箭眼せんがん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐ざま【矢狭間】

〘名〙
城壁や櫓(やぐら)などの内側から外をうかがい矢を射るためにあけた小窓。矢間。
※築記(1565)「矢ざまをきり、又足ださまを切べし」
② 商店の雨戸につけて、内部から開閉できるようにしてある小窓。臆病窓
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「深更に矢狭間(ヤザマ)から出す三の糸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の矢狭間の言及

【狭間】より

…正しくは〈さま〉と読み,小間,矢間,矢窓ともいう。矢狭間(やざま)は縦に細長く,鉄砲狭間は丸,三角,四角のほかさまざまな多角形があった。また石垣の上面を削りくぼめたものを石狭間という。…

※「矢狭間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android