コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢間 ヤマ

デジタル大辞泉の解説

や‐ま【矢間】

鎧(よろい)などで、矢が立つすきま。
「甲冑をゆり合はせゆり合はせ、―をたばひて振舞へば」〈盛衰記・三五〉
矢狭間(やざま)」に同じ。
「櫓(やぐら)の上、―の陰に、人形を数千万立て置きて」〈太平記・三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やま【矢間】

甲冑かつちゆうなどで、矢の通る隙間。 「甲冑をわり合はせわり合はせ-をたばひて振舞へば/盛衰記 35
矢狭間やざま」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の矢間の言及

【狭間】より

…城内から矢や弾丸を射出すための穴で,塀や櫓(やぐら)の壁に小さく開口する。正しくは〈さま〉と読み,小間,矢間,矢窓ともいう。矢狭間(やざま)は縦に細長く,鉄砲狭間は丸,三角,四角のほかさまざまな多角形があった。…

※「矢間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

矢間の関連キーワード丸森(町)丸森町矢狭間振舞甲冑狭間

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢間の関連情報