矢野口文雄(読み)やのぐち ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野口文雄 やのぐち-ふみお

1917-1985 昭和時代の映画録音技師。
大正6年9月29日生まれ。昭和11年東宝の前身PCLに入社。「野良犬」「生きる」「七人の侍」など黒沢明監督作品のほとんどの録音を担当し,38年の「天国と地獄」で第17回日本映画技術賞を受賞した。昭和60年1月15日死去。67歳。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android