知りすぎていた男

デジタル大辞泉プラスの解説

知りすぎていた男

1956年製作のアメリカ映画。原題《The Man Who Knew Too Much》。アルフレッド・ヒッチコック監督が自作暗殺者の家』(1934)をリメイクしたもの。監督:アルフレッド・ヒッチコック、出演:ジェームズ・スチュワート、ドリス・デイ、ラルフ・トルーマンほか。第29回米国アカデミー賞歌曲賞受賞(「ケセラセラ」)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知りすぎていた男の関連情報