コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短絡的 タンラクテキ

デジタル大辞泉の解説

たんらく‐てき【短絡的】

[形動]物事の本質や筋道を深く考えずに、原因と結果などを性急に結びつけてしまうさま。「短絡的考え方を戒める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんらくてき【短絡的】

( 形動 )
深く考えることなしに、性急に二つの事柄を関連づけてしまうさま。 「 -思考」 「輸入品イコール高級と考えるのはあまりに-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

短絡的の関連キーワードトムソン(Sir Joseph John Thomson)アセット・アプローチ理論「同情するなら金をくれ」コーパス言語学居間中心型ホスピス短絡反応少年犯罪ピック病輸入品

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短絡的の関連情報